ロゴ イラスト 円丈望
ホームページに戻る 最新の連載・イベント情報 プロフィール 作品紹介 サイバーマンガ リンク 掲示板 お問い合わせ


 



サイバーマンガ





LOST ALIAS ダンガン


エンカウンター/パーシアン


戦うメイドさん!
 
- 新しいメディア「サイバーマンガ」の可能性 -

木ノ花さくやとマンガ家集団cybermanga.com、GADGET'S 200Xはデジタル機器のための全く新しい次世代マンガコンテンツ「サイバーマンガ」を提案します。
インターネット、携帯電話、PDA、BS,CS放送。現在デジタルによる多くのメディアが展開され、デジタルコンテンツの需要は拡大し続けています。また、アニメ、マンガは欧米に通用する日本独自の文化として認知され、デジタルコンテンツの目玉として大変注目されています。にもかかわらず、現在デジタルコンテンツとしてのマンガ、アニメはそのほとんどが2次使用、テレビ、ビデオ、雑誌コミックスで使用されたものをデジタルにして流しているだけです。もちろんそれにもアーカイブとしての価値はありますが、新しいメディアには新しいコンテンツがなければブレークスルーはあり得ない。われわれはそう確信します。簡単に言うと、せっかく立派な映画館を建ててもそこで上映されているのがレンタルビデオだったり、テレビ番組の録画だったりしたら、誰もわざわざ映画館に来る人はいないでしょう?
その理由の一つは、デジタルコンテンツをプロデュースしている方々が、マンガ、アニメのクリエーターではないことでしょう。つまりネットを使って、マンガを使ってどんなことが出来るのかががわからない・・だから過去の価値観に頼ってしまう・・それが原因一つだと思われます。またマンガ、アニメの現場の人間も、忙しくてデジタルの勉強が出来ないことも大きな理由でしょう。
人の暮らしを変えつつあるデジタルメディア。新しいこのツールを使って楽しいことをやらないのはもったいない!だからわれわれはクリエーターからの提案として、ネットに最適化された演出、デジタルに特化した内容のマンガコンテンツ「サイバーマンガ」を普及させていきたいと考えています。
デジタルで見るマンガはユーザーが自分のペースで読めることがとても重要です。そして繰り返し見てもらえる価値観を付加すること、コミュニケーションに役立つこともとても大切なことになります。このページ左側メニューからのフラッシュによるプレゼン及び我々の制作した作品集を是非ご覧になってください。その上で少しでも興味をお持ちになられたら、ぜひ連絡をください。われわれはパートナーを捜しています。
あまり語られてはいませんが、エンターテインメントの分野において日本が世界に誇れるインフラは「企画から脚本、制作に至るまですべて一人で出来る「マンガ家」が何千人もいること」です。こんなにプロのクリエーターが多い国、他にはありませんよ。(笑)
また国内では出版不況で、才能のある漫画家さんでも作品発表の場が少ないという状況に陥っています。マンガは元々アニメーションや映画に比べて低コストでバリエーションを広げてきたことで多様な人々に受け入れられ、様々なメディアの原作として認知されてきたのです。デジタルで見るサイバーマンガはそのインフラを生かし、世界に通用するデジタルコンテンツを安価に、大量に供給することが出来るのです。

     木ノ花さくや